2016
03.14

日本経済を支えている公認会計士がいるということをご存知でしょうか?

気になること

会計が得意な人といった印象を持たれることが多い公認会計士ですが、その役割は監査になりますので、日本経済を支えている存在でもあります。また正義感が求められることから、国に仕えている存在にもなるでしょう。

■不正を許さない存在
企業の収入や支出が書かれている財務書類を徹底的に調べて、誤りがないことを確認するのが公認会計士です。独立した第三者の目でチェックする必要性の意味こそが、日本経済を支えることになります。意図的に決済を出すことで、それは粉飾決済になり、その情報によって投資家はお金を出すことになります。

決済は嘘の報告書になりますので、当然どこかにほころびが生じてしまいます。そうなると日本経済の先行きが不透明になることもあるでしょう。厳しい目で監査をするからこそ、日本経済は成り立っています。

■アドバイザーにもなれる
税理士は企業に対して会計帳簿から税務を行いますので、企業にとって有益なアドバイスをすることができますが、公認会計士もそのようなことができます。実際、公認会計士が企業のアドバイザーを務めていることもあり、経営戦略に参加することもあります。

税理士と似たようなことをすることもありますが、当然その時は監査法人から抜けて独立していますので、監査業務に携わった経験から、有効的なアドバイスをすることができます。公認会計士だからこそできるアドバイスで企業を支えます。公認会計士は税理士登録をすることもできますので、当然税理士としての知識がありますが、グレードは大きくなります。

監査法人で培った知識と経験を活かして次のステップで企業に対してマネジメントをすることができますので、日本経済を支えている裏方とも言えるでしょう。

コメントは利用できません